ホーム > 安心の食品へのこだわり > 無添加へのこだわり

無添加へのこだわり

添加物を考えることは、現代の食生活でとても大切なこと

食品添加物って、何だろう?

食品添加物は、大きく「化学合成品」と「天然物」の二つに分けることができます。化学合成で作られた添加物の使用は、厚生労働大臣が許可したものに限られ、現在300品目以上。一方天然添加物は、1000種類以上があります。
食品衛生法の定義では『食品の製造の過程において、または、食品の加工もしくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤、その他の方法によって使用するもの』となっております。
つまり、食品の食品添加物とは「保存性」をよくするためや「品質を向上させる」「栄養価を補充・強化する」「味を良くする」といった目的で使われているのです。

食品添加物はいいものじゃないの?

「安全であるか?」「問題があるか?」今でもたくさんの研究者の間で意見が分かれています。その理由は、

①複合毒性の危険 
添加物を単体のみでテストした際に安全であると判断されても、最近ではテスト
方法が進むにつれ、別の物質と合わせることで発がん物質に変化するものがある、
ということがわかってきました。

②イニシェーター(仕掛け人物質)と、プロモーター(仕上げ人物質)
体内で細胞のがん化の始まりは、正常な細胞の遺伝子に傷がつくことで、
イニシェーター(仕掛け人)と、プロモーター(仕上げ人)の両方が作用して、がん化が始まるといわれています。

まだまだ意見が分かれている中で、私たちは疑いのあるものはできるだけ避けて、
安心、安全な食品を選んでいく方が良いと考えます。

味千汐路の商品は、全て無添加

私たちが無添加調味料を開発、試作中に有機JASの制度を知りました。
試行錯誤の結果、認証をうけることができるようになりましたが、添加物に
慣れている大人のお客様には、味の面でなかなか指示を得られませんでした。
しかし、味覚が形成される赤ちゃんや、濃い味が苦手なおじいちゃん、おば
あちゃんにも本物の味を届けたいと思い、日々商品を改良し、今では
「おいしい」といったお喜びの声もたくさんいただけるようになりました。

※ゼリー、寒天、一部商品を除く