ホーム > 安心の食品へのこだわり > 有機野菜のみを使用する

有機野菜のみを使用する

混じり気の無い、自然の恵みを届けたいから

有機野菜とは、有機JAS認定の野菜だけ

そもそも、有機野菜とは何のことを指すのかご存知ですか?
日本の農作物を管理している、農林水産省が認めている“唯一の”有機野菜とは、JAS法に基づき「有機JAS規格」の検査・認証を受けた農産物だけなんです。
だから、皆さまが普段目にするスーパーの店頭でも「有機野菜」「有機栽培」「有機農産物」「オーガニック」と表示してもいいのは、有機JAS野菜だけ。
手間がかかる食材でも、それが一番安心できる食材だから、私たちは有機に本気でこだわっています。

有機野菜とは、有機JAS認定の野菜だけ

「有機野菜」「有機農産物」等と商品に表示するためには、

  • ・種まき又は植え付けする2年以上前からほ場(畑)の土に禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
  • ・栽培中も禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
  • ・使用する肥料や農薬は天然物質又は化学的処理を行っていない天然物質に由来するもののみ
  • ・ほ場や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散・混入がないこと
  • ・遺伝子組換えの種を使わないこと
  • ・病害虫を防除するのに農薬に頼らないこと

以上の規定をクリアしなければいけないと、JAS法で定義されています。
認定後も有機JASに沿った生産を行っているかを確認するため、最低1年に1回、調査が入る程の厳しさです。

安心の「トレーサビリティ」

もう1つ、とても安心できる大きなポイントが「有機」は「トレーサビリティ機能」がしっかりしていること。
生産地の畑から、誰かの手に渡るまで、輸送の履歴を追跡できなければいけません。
例えば、生産された際にどの様な資材(農薬・肥料・器具等)をいつ・どのくらい使ったかを必ず記録することが義務付けられているため、流通にいたるまでの管理体制が徹底されている安心の証でもあるのです。